検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな仕組みの抗カビ物質=医薬品開発へ応用期待―理研など(時事通信)

2010.06.15
 カンジダ症など、カビが原因の病気に現在使われている薬とは違う仕組みでカビを退治する物質が見つかり、理化学研究所や京都大などの研究チームが15日までに米科学誌ネイチャー・ケミカル・バイオロジー電子版に発表した。新たな薬を開発する手掛かりになると期待される。
 この物質は、天然のスポンジとして利用されるカイメン(海綿)が生み出す「セオネラミド」。蛍光色素で着色し、カビ細胞への影響を調べると、細胞膜に含まれる脂質成分「エルゴステロール」に結合し、異常な細胞壁合成を促進することが分かった。 

【関連ニュース】
大型草食恐竜、新種と判明=学名「福井巨人」、国内4例目
脂肪溶かすたんぱく質発見=抗肥満薬の候補に
アレルギー抑制分子を発見=治療法開発に期待
酸素を効率良く吸着=新生産法に応用期待
可視光で光触媒の働き=将来の水素生産期待

<覚せい剤密造>容疑でイラン人2人を逮捕 摘発は異例(毎日新聞)
危ない市議会開会…ヘルメットで地震に備え(読売新聞)
甲子園トラブル メガホン強打「容認できぬ」(産経新聞)
季節知る遺伝子の働き解明=ハクサンハタザオで―京都大など(時事通信)
タクシーで暴れ、乗り逃げ…松阪市職員を逮捕(読売新聞)
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。