検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速無料化「距離」巡る答弁で衆院国交委紛糾(読売新聞)

2010.04.26
 6月から実施される高速道路の無料化を巡り、20日の衆院国土交通委員会が紛糾した。

 民主党が昨夏の衆院選で政権公約(マニフェスト)に掲げた「原則無料化」の意味について、野党が突っ込み、前原国土交通相が回答に窮する場面もあった。

 赤沢亮正議員(自民)が、「原則無料化(にする路線)は何キロ・メートルを指すのか」と質問した。これに対し前原国交相は、無料化する距離には答えられず、「最終形がどうなるのかは、社会実験をしないとわからない」との答弁を繰り返したため、審議が一時中断した。

 高速道路の無料化は、民主党がマニフェストで、2012年度までの段階的実施をうたっている。しかし、財源の制約を理由に予算が大幅に圧縮され、6月からの実施は、全体の2割に満たない路線(計1626キロ)にとどまる。その他の有料区間については、料金の見直しで、多くのケースが値上げとなる。

 赤沢議員は、「ほとんどの区間が無料化されないならば、国民は許さない。ふざけた答弁だ」と訴えた。

<自殺>思春期までに親自殺なら率は3倍 スウェーデン調査(毎日新聞)
赤城自然園 再オープン 閉鎖後、元社員が無給で手入れ(毎日新聞)
<口蹄疫>感染疑いの牛、新たに2頭発見 計14頭に 宮崎(毎日新聞)
気分はサーカス? 「エアリアル・ティシュー」を用いた運動が人気(産経新聞)
元秘書有罪判決、首相「責任痛感、一生の戒め」(読売新聞)

<村本さん死亡>東京・青山葬儀所で告別式 500人が別れ(毎日新聞)

2010.04.22
 タイで発生したタクシン元首相派のデモ隊と治安部隊との衝突で死亡したロイター通信日本支局のカメラマン、村本博之さん(43)の告別式が18日、東京都港区の青山葬儀所で行われた。

 式には、同僚や仕事仲間ら約500人が参列。インド洋大津波の被災地など、村本さんが取材したさまざまな映像が流され、妻恵美子さんが子供たちに内容を説明していた。

 同社のデイビッド・シュレシンジャー編集主幹は「彼の残した最後の映像は強い使命感の結晶で、世界中の人々が感動と尊敬の思いを抱いている」と別れの言葉を述べた。友人のフリージャーナリスト、テリー寺嶋さん(44)が「友人として『バカヤロー』と言いたい。けど、仕事仲間として敬意を表したい」と話すと、すすり泣きの声が会場中に響いた。【渡辺暢】

【関連ニュース】
村本博之さん:18日に葬儀 東京・南青山
村本さん死亡:無言の帰国…「悲しみあまりにも大きく」
村本さん死亡:遠距離から銃撃 威力大きい実弾
村本さん死亡:死の直前の撮影映像を配信 ロイター通信
タイ:衝突死者21人に 村本さん左胸に銃弾

天平衣装で平城宮を散策=奈良〔地域〕(時事通信)
舛添氏トップ維持、鳩山首相は5位=2位に菅、渡辺氏並ぶ-次期首相候補(時事通信)
もんじゅ安全性「問題ない」=専門委が報告書、近く知事判断へ-福井(時事通信)
岡部まり氏「国民の秘書になる」…正式に参院選出馬表明(スポーツ報知)
ものつくり大の学生が振り込め詐欺疑似体験ソフトを試作(産経新聞)

着陸直前、機首下げ操作=「標準からずれた操縦」-米貨物機炎上・安全委(時事通信)

2010.04.20
 成田空港で昨年3月、米フェデックスの貨物機(MD11型機)が着陸に失敗し炎上、乗員2人が死亡した事故で、着陸直前に機首を下げ、バウンド後に3基のエンジンのうち2基のみの出力を上げる操作がされていたことが16日、運輸安全委員会が公表した事故調査経過報告で分かった。安全委は「標準的な操縦からずれている」としており、さらに詳細な分析を進め、事故原因を解明する。
 事故当時、風向きや風速が急に変わる「ウインドシア」は、警報が出される強さのものは観測されなかったという。
 安全委によると、同機は滑走路で2回バウンドを繰り返した後、やや左に傾きながら前脚から接地。左主翼が折れ、燃料が流出して炎上し、滑走路左の草地に横転した。2回目のバウンドは約5秒間、高さは最高約4.9メートルだった。接地の衝撃で設計上の制限を超える荷重が加わったため、翼が折れた可能性が高い。 

【関連ニュース】
第1波で荷崩れ、2波で傾斜拡大か=三重県沖のフェリー座礁
安全委にエレベーター部会=来年にも法改正、遺族に報告
「安全管理体制立て直しを」=JR西に根本的対処求める
滑走中に操縦系統に異常か=NZ航空機の離陸中止
特急衝突、乗客ら41人けが=ダンプがスリップ、踏切に

鳩山首相「覚悟決めて臨んでいる」=普天間の5月末決着で(時事通信)
海洋堂が原型「せんとくんフィギュア」平城遷都1300年(産経新聞)
光ケーブル課徴金160億円、各社に通知(読売新聞)
<通天閣ロボ>「一日署長」で犯罪防止に活躍 大阪・浪速署(毎日新聞)
2.2万人を導く 世界初「盲聴導犬」訓練中、滋賀の聴覚障害者施設(産経新聞)

<東北新幹線>八戸-新青森駅間で走行試験(毎日新聞)

2010.04.13
 12月の東北新幹線新青森駅開業に向け、鉄道建設・運輸施設整備支援機構とJR東日本は13日、延伸した八戸-新青森駅間(81.8キロ)で、新幹線車両の走行試験を開始した。新幹線車両が同区間を走行するのは初めて。線路や架線、橋りょうなどが列車の走行に問題がないかなどを調べる。

 午前2時10分に八戸駅を出発した試験電車「イースト・アイ」(6両編成)が時速30キロで走行し、午前9時40分ごろ新青森駅に到着。白地に赤のラインの車両が見えると、待ち構えた市民ら約600人がカメラを向けた。太鼓などによるねぶたばやしも披露され、東北新幹線終点に到着した車両を歓迎した。

 青森市石江から見に来た無職、福岡登さん(68)は「かつて住んでいた土地が東北新幹線予定地にかかり立ち退いたこともあるので、待ちに待った日だ。感激している」と興奮した様子だった。

 走行試験は9月2日までに計約30日間行われる。今月20日からは「はやて」などに使用されている現行車両の「E2系」、6月下旬には新型車両「E5系」が走行する予定。【山本佳孝】

【関連ニュース】
雑記帳:南部せんべいにプリント 青森・八戸
雑記帳:津軽弁の魅力がたっぷり楽しめるDVD発売
九州新幹線:締結式 青森-鹿児島つながるレール
雑記帳:横浜港に停泊のフェリーで青森県の物産展
牛肉道場~山形新幹線ほか・米沢駅(山形県)

「誠に遺憾」日弁連会長がコメント 中国の死刑執行(産経新聞)
ギャンブルに給与を全額投入、詐欺容疑の元課長(読売新聞)
ベテラン刑事を盗撮、その場で御用=容疑の31歳男-警視庁(時事通信)
福岡競艇場の両腕、不明の会社員女性と断定(読売新聞)
山崎直子飛行士 巨大コンテナ取り付け終了 定評通り順調(毎日新聞)

<小沢幹事長>5月訪米見送り…普天間の結論期で混乱を懸念(毎日新聞)

2010.04.08
 民主党の小沢一郎幹事長は7日、今年2月にキャンベル米国務次官補から招請されていた5月の大型連休中の訪米を見送ることを決めた。5月訪米は政府が設定した米軍普天間飛行場移設問題の結論時期と重なるため、政府・与党内に「混乱を招く可能性がある」との懸念も出ていた。

 キャンベル氏は小沢氏と2月に会談した際に、小沢氏を含め党で議員団を組織し訪米するよう要請。小沢氏も「緊密な日米関係を築く目的で、大統領にも十分時間を取ってほしい」と前向きに検討する考えを伝えていた。

 米側は、小沢氏が昨年12月に民主党議員約140人を率いて訪中したことを念頭に、訪米を招請したとみられるが、小沢氏がオバマ大統領との会談を要求したことなどで米側にも慎重論が出ていた。【念佛明奈】

【関連ニュース】
連合:参院選に向け「小沢批判」地方で拡大 火消し急ぐ
民主党:参院選候補者擁立めぐり小沢氏に地元反発も
小沢幹事長:参院選長野「2人目は党本部直営」
小沢幹事長:「民主党は政権党の認識がまだ甘い」
参院選:民主静岡県連方針を小沢氏拒否「2人擁立原則」と

東京の銭湯に増える見附島の背景絵 絵師の中島さんを地元観光大使へ(産経新聞)
「御柱祭」が幕開け=6年に1度、諏訪大社-長野(時事通信)
入学式 元気いっぱい新1年生…東京都内の小学校(毎日新聞)
日米外相会談 普天間問題でクリントン長官「日本政府と協議」(産経新聞)
車両火災 危険なライター 意図せず着火、08年61件 (毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。