検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮元高官・黄氏が来日、拉致で意見交換も(読売新聞)

2010.04.05
 北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記の元側近で1997年に韓国に亡命した黄長ヨプ(ファンジャンヨプ)元朝鮮労働党書記が4日、亡命後初めて来日した。(ヨプは火ヘンに「華」)

 都内に数日間滞在し、政府関係者や拉致被害者家族らと非公式に面会し、拉致問題や北朝鮮情勢について意見交換するとみられる。

 黄氏は、2003年6月に訪韓した拉致被害者家族会との面会などでは、拉致問題については一貫して「詳しく知らない」と話していたが、今年3月31日のワシントンでの講演では、「(日本人の)被害者が通訳として使われていることを知っていた」と明かした。

 航空機は4日午後2時40分過ぎ、成田空港に着陸。政府関係者が機体の出入り口周辺を布で覆い隠し、黄氏の姿を外部の目から遮断する厳重な警備態勢が取られた。

 黄氏は北朝鮮の国家指導原理「主体(チュチェ)思想」を体系化したとされる思想家で、国際担当の書記として外交政策にも携わった。今回の来日は拉致問題担当の中井国家公安委員長が韓国政府に要請して実現した。

 ただ、拉致被害者家族会の増元照明事務局長は4日、読売新聞の取材に、「北朝鮮に対して外交的な圧力にはなるのでは」と話した。ただ、拉致事件については「新しい情報が得られる可能性はほとんどないと思う」との見方を示した。

原爆症申請却下を取り消し=長崎入市の女性-高松地裁(時事通信)
長官銃撃、「一種の冤罪」=警視庁を批判-アレフ(時事通信)
住宅支援機構が認可額を上回る債券を発行(産経新聞)
暴力団雑誌の撤去要請「違法」=作家宮崎氏が県提訴-福岡地裁(時事通信)
大阪市公金の返還求める、市公正職務審査委が勧告(産経新聞)

<出入国管理基本計画>「外国人活用」議論の必要性盛り込む(毎日新聞)

2010.03.31
 法務省は30日、今後5年間の出入国管理の指針となる第4次出入国管理基本計画を策定した。国内の人口減少による労働力低下への対応として「外国人受け入れを、国の将来像と併せ検討・議論する必要がある」との内容を盛り込んだ。「社会に活力をもたらす外国人をひきつける」として、研究者・経営者ら専門分野を持つ外国人に、在留期間延長など優遇措置も取る。

 また、外国人との共生社会実現に向けた取り組みとして、関係省庁や自治体の連携が重要と指摘。長期間日本に滞在する永住者のうち、日本に定着していると認められた外国人については、在留管理の面で配慮を検討するとした。【石川淳一】

日米外相会談 普天間問題でクリントン長官「日本政府と協議」(産経新聞)
認知症予防財団 東京で設立20年パーティー(毎日新聞)
<偽1万円札>1都6県で151枚使った疑い 3人を逮捕 (毎日新聞)
芸能プロ経営者を逮捕=モデル志望女性を暴行容疑-変装し逃亡か・警視庁(時事通信)
<名古屋市長>臨時議会を検討…議会改革に論点絞り(毎日新聞)

両陛下、国際会議の開会式に(時事通信)

2010.03.29
 京都を訪問中の天皇、皇后両陛下は26日夕、京都市左京区の国立京都国際会館で行われた第14回国際内分泌学会議のオープニングセレモニーに出席された。式後の懇親会にも参加し、研究者らと交流した。 

<桜>東京で開花 平年より6日早く(毎日新聞)
突然の炎に数分間包まれる…野焼き3人死亡(読売新聞)
バーナーで何らかのガスに引火か 兵庫・姫路の爆発事故(産経新聞)
<学力テスト>談合疑惑の内田洋行が一部業務落札(毎日新聞)
指定弁護士ら遺族と面談=兵庫・明石歩道橋事故(時事通信)

自動車関係税見直しで研究会=30日に初会合-総務省(時事通信)

2010.03.27
 総務省は25日、自動車税など自動車関係の税目を簡素化し、二酸化炭素(CO2)排出量など環境負荷に対応した税体系に見直すため、有識者研究会を設置することを決めた。30日に初会合を開き半年後をめどに論点を整理。今秋以降の政府税制調査会(税調)での議論に反映させる。
 検討の対象は自動車税のほか、自動車重量税、自動車取得税、軽自動車税。政府・与党内には、これらの税目について「複雑で整理が必要」(民主党2009年政策集)との指摘がある。また、自動車の重量や排気量などに応じた課税体系で、環境への負荷を考慮していないため、地球温暖化対策の一環としてCO2排出量と税額が連動するよう改めるべきだとの声が上がっていた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

東九州道工事 橋に亀裂、造り直し 強度計算ミスか(毎日新聞)
北教組事件で2人起訴=民主・小林氏陣営に選挙資金-規正法違反・札幌地検(時事通信)
インフル定点、8週連続で減少(医療介護CBニュース)
自殺 住職の妻、歯止めに一役…対策マニュアル作成(毎日新聞)
天皇、皇后両陛下 京都の重要文化財、碧雲荘を視察(毎日新聞)

<奈良5歳餓死>両親を起訴 保護責任者遺棄致死罪(毎日新聞)

2010.03.26
 奈良県桜井市の吉田智樹君(当時5歳)が餓死した事件で、奈良地検は24日、父親の会社員、吉田博容疑者(35)と母親のパート店員、吉田真朱(まみ)容疑者(26)を、保護責任者遺棄致死罪で奈良地裁に起訴した。2人は遅くとも09年9月ごろから、十分な食事を与えていなかったという。

 起訴内容は、博、真朱両被告は、09年9月ごろには長男智樹君が衰弱していたのに、適切な診療を受けさせず、わずかな飲食物を与えるだけで放置し、今月3日に栄養失調で死亡させたとしている。両被告の認否や動機について、地検は「裁判員裁判対象事件のためコメントしない」としている。

 捜査関係者によると、06年12月に長女(3)が誕生、家族は6畳洋間と2畳のロフトのアパートで4人暮らしになった。部屋が手狭になり、智樹君だけをロフトに上げたが、智樹君は親の注目を引こうと物を落としたりし、真朱被告が手を出すようになったという。

 08年4月ごろまでは家族4人で外出していたが、真朱被告が09年5月に同県橿原市のスーパーで働き始めると、長女だけを託児所に預け、智樹君は自宅に放置。同9月ごろには1日に細巻きずし2本と水程度しか与えなくなり、智樹君は10年2月末ごろから、食事を受け付けず、自分で歩けない状態になったという。

 平均的な5歳児は身長110センチで、15~20キロの体重があるが、智樹君は約85センチ、6.2キロしかなかった。【上野宏人、大森治幸】

【関連ニュース】
男児餓死:保護責任者遺棄致死罪で両親起訴 奈良
奈良5歳児餓死:生後すぐ虐待か…耳たぶに内出血
奈良5歳児餓死:逮捕の母親 夫から日常的に暴力
5歳児餓死:「夫婦不仲、子に矛先」逮捕の母供述
虐待:食事与えず5歳児餓死、体重6キロ、父母逮捕 奈良

不明の女子高生か、雲仙で遺体発見(読売新聞)
トヨタ工場で小規模爆発、作業中の1人軽傷(読売新聞)
<築地移転>民主、予算修正案を26日提出…用地購入費削除(毎日新聞)
IBMが4千億円申告漏れ 連結納税制度乱用か、過去最大規模(産経新聞)
九州新幹線の線路工事完了=東京-鹿児島間1本に-熊本(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。